Java.com

ダウンロード ヘルプ

印刷可能バージョン

Java 6の最新バージョンはどこで入手できますか。

最新バージョンのJavaをダウンロードしてインストールすることを強くお薦めします。Javaの最新リリースには、Javaアプレットまたはアプリケーションの実行を向上させる数多くの新機能、パフォーマンス強化およびbug修正が含まれています。

Java SE 6のパブリック・アップデートの終了通知

オラクル社では、今後パブリック・ダウンロード・サイトにJava SE 6のアップデートを公開しません。Java 6の6u45を含むそれ以前のリリースはすべてOracle Technology NetworkのJavaアーカイブに移動されました。そこでは、それらのリリースは今後も入手可能ですがアップデートはされません。パブリック・アップデートとセキュリティ機能強化を受け続けるために、ユーザーは最新バージョンのJavaに移行することをお薦めします。
» Java SE 6パブリック・アップデートの終了通知
» Oracle Java SE商用製品リリース

最新バージョンのJava 6を探しますか。

すでに最新バージョンを使用済で、Javaアプレットやアプリケーションの実行で問題が発生している場合は、最新バージョンを使用して発生した問題についてお知らせください。Java 6のアップデートは、一般には提供されていません。オラクル社では、Javaサポートを購入したユーザー、またはJava 6が必要なOracle製品を所有するユーザーのみにJava 6のアップデートを提供しています。

Mac OS X用Apple Java 6

Javaバージョン6以前については、Apple社が独自のバージョンのJavaを提供しています。Mac OS X 10.6以前の場合、ご使用のMacに最新バージョンのJava 6がインストールされているかどうかを確認するには、Appleメニューのソフトウェア・アップデート機能を使用します。MacのApple Java 6に関連する問題については、Appleのサポートに問い合せてください。OracleおよびJava.comは、64ビット・システムでJava 7以降のみをサポートしています。

Mac OS XおよびApple Java 6のサービスの終了

Appleは、Mac OS X 10.11(El Capitan)はJava 6をサポートする最後のOS Xリリースになる予定であり、したがって、Java 6に依存するアプリケーションの開発者には、Oracleが提供する新しいJavaバージョンにアプリケーションを移行することを推奨するという通知を発表しました。 »詳細(apple.com)



Javaアプリケーション開発者

アプリケーションをJava 8に対応させる方法についての情報はどこで入手できますか。

Javaアプリケーションを作成またはメンテナンスする場合は、Oracle Technology Networkから情報を入手できます。
» JDK 8採用ガイド
» JDK 8の互換性
» JDK 8トラブルシューティング・デスクトップ・ガイド


言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle