Java.com

ダウンロード ヘルプ

ヘルプ・リソース

どうすればJavaコンソールを有効化し表示できますか。


このトピックは、次に当てはまります。:
  • プラットフォーム: Windows 8, Windows 7, Vista, Windows XP, Windows 2000
  • Javaバージョン: 6.0

Javaコンソールは、Javaのバージョン、ユーザー・ホーム・ディレクトリ、アプレットやアプリケーションを実行中に発生したエラー・メッセージに関する情報を提供します。 Windowsプラットフォーム用のJavaコンソールを有効化するには、Javaコントロール・パネル、またはWindowsのシステム・トレイに表示されるJavaアイコンを使用します。

Javaコントロール・パネルを使用したJavaコンソールの有効化

Javaコントロール・パネルへのアクセス

Windows 8
検索機能を使用してコントロール・パネルにアクセスします
  • Windowsロゴ・キー + [W]を押して検索チャームを開き、設定を検索します
    または
    マウス・ポインタを画面の右下隅にドラッグして、「検索」アイコンをクリックします。
  • 検索ボックスに「Javaコントロール・パネル」と入力します
  • Javaアイコンをクリックして、Javaコントロール・パネルを開きます。
Windows 7、Vista
  • 「スタート」ボタンをクリックし、「コントロール パネル」オプションをクリックします。
  • 「コントロール パネルの検索」「Java Control Panel」と入力します。
  • Javaアイコンをクリックして、Javaコントロール・パネルを開きます。
Windows XP
  • 「スタート」ボタンをクリックし、「コントロール パネル」オプションをクリックします。
  • Javaアイコンをダブルクリックして、Javaコントロール・パネルを開きます。


Mac OS X 10.7.3以降

  • 画面左上のAppleアイコンをクリックします。
  • 「System Preferences」に移動します。
  • Javaアイコンをクリックして、Javaコントロール・パネルにアクセスします。

    Javaコントロール・パネル


Javaコントロール・パネルでのJavaコンソールの有効化

  1. Javaコントロール・パネルで、「詳細」タブをクリックします。
  2. 「Javaコンソール」オプションを展開します。
  3. 「コンソールを表示する」を選択して、「OK」をクリックします。

Windowsのシステム・トレイのJavaアイコンを使用したJavaコンソールの有効化

  1. 画面の右下にあるシステム・トレイでJavaアイコンを探します。
  2. Javaアイコンを右クリックします
  3. 「コンソールを表示する」を選択します。

言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle