Java.com

ダウンロード ヘルプ

印刷可能バージョン

SolarisにJavaをダウンロードしてインストールする方法


このトピックは、次に当てはまります。:
  • プラットフォーム: Solaris SPARC, Solaris x86
  • Javaバージョン: 8.0

Solarisシステム要件

サポートされているプラットフォーム、オペレーティング・システム、デスクトップ・マネージャおよびブラウザの詳細、サポートされているJava 8システム構成を参照してください。



ダウンロード

次に、Java 8 Update 73 (8u73)バージョンをインストールする場合の手順を示します。別のバージョンをインストールする場合は、ターミナルでコマンドを入力する際に適宜バージョン番号を変更してください。: Java 8u79の場合は、8u738u79に置換します。前述の例のように、バージョン番号の前にuという文字が付く場合や、アンダーバーが付く場合があります(jre1.8.0_73など)。

書込み可能な任意の場所にJREアーカイブ・バイナリをインストールできます。このインストールでは、Oracle Solaris OSによって提供されるシステム・バージョンのJavaプラットフォームは置換されません。

  1. java.comにアクセスし、「無料Javaのダウンロード」ボタンをクリックします。
  2. Solarisマニュアル・ダウンロードのページが表示されます。ダウンロードする前に、ライセンス契約に同意する必要があります。アーカイブ・バイナリは、誰もが、書込み可能な任意の場所にインストールできます。
  3. バンドルをダウンロードします。

.tar.gzアーカイブ・ファイル(tarボールとも呼ばれる)は、1ステップで同時に解凍し展開できるファイルです。


インストール

  1. JREをインストールする場所にディレクトリを変更します。
    cd /directory_path_name
    たとえば、ソフトウェアを/usr/javaディレクトリにインストールするには、次のように入力します。
    cd /usr/java

  2. .tar.gzアーカイブ・バイナリを現在のディレクトリに移動します。

  3. tarballを解凍し、Javaをインストールします
    64ビットSPARCプロセッサで次のように入力します:
    gzip -dc jre-8u73-solaris-sparcv9.tar.gz | tar xf -

    x64/EM64Tプロセッサで次のように入力します:
    gzip -dc jre-8u73-solaris-x64.tar.gz | tar xf -

JREが現在のディレクトリのjre1.8.0_versionという名前のディレクトリにインストールされます。たとえば、JRE 8 update 73リリースの場合、ディレクトリの名前はjre1.8.0_73となります

JREドキュメントは別にダウンロードします。http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html#docsを参照してください。


言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ  | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle