Java.com

ダウンロード ヘルプ

ヘルプ・リソース

SolarisにJavaをダウンロードしてインストールする方法


このトピックは、次に当てはまります。:
  • プラットフォーム: Solaris SPARC, Solaris x86
  • Javaバージョン: 6.0, 7.0

Solaris版Javaをダウンロードおよびインストールするには、次の手順に従います。
  1. ダウンロード
  2. インストール
  3. 有効化と構成

Solaris システムの動作環境
サポートされているプラットフォーム、オペレーティングシステム、デスクトップマネージャ、およびブラウザについては、サポート対象のシステム構成をご覧ください。



ダウンロード
次に、Java 7 Update 7 (7u7)バージョンをインストールする場合の手順を示します。別のバージョンをインストールする場合は、ターミナルでコマンドを入力する際に適宜バージョン番号を変更してください。: Java 6u35の場合は、7u76u35に置換します。前述の例のように、バージョン番号の前にuという文字が付く場合や、アンダーバーが付く場合があります(jre1.7.0_07など)。

書込み可能な任意の場所にJREアーカイブ・バイナリをインストールできます。このインストールでは、Oracle Solaris OSによって提供されるシステム・バージョンのJavaプラットフォームは置換されません。

32ビットJVMを使用可能にする64ビット・システムへのJREのインストールは、2ステップのプロセスです。まず32ビットJREをインストールしてから、64ビット操作用の追加サポートをインストールします。ファイル名は次のとおりです。

SPARCプロセッサ:
  • jre-7u7-solaris-sparc.tar.gz (32ビット)
  • jre-7u7-solaris-sparcv9.tar.gz (64ビット)
x64/EM64Tプロセッサ:
  • jre-7u7-solaris-i586.tar.gz (32ビット)
  • jre-7u7-solaris-x64.tar.gz (64ビット)
32ビット・バージョンのOracle Solarisを実行している場合は、32ビット・バージョンのみをダウンロードしてインストールします。

  1. java.comに移動します
  2. 「無料Javaのダウンロード」ボタンをクリックします。
    Solarisマニュアル・ダウンロードのページが表示されます
  3. 32ビット・バージョンのOracle Solarisのみをインストールしている場合、バンドル(複数または単数)をダウンロードします。アーカイブ・バイナリは、(rootユーザーのみでなく)誰もが、書込み可能な任意の場所にインストールできます。
.tar.gzアーカイブ・ファイル(tarボールとも呼ばれる)は、1ステップで同時に解凍し展開できるファイルです。


インストール
.tar.gzアーカイブ・ファイル(tarボールとも呼ばれる)は、1ステップで同時に解凍し展開できるファイルです。
  1. JREをインストールする場所にディレクトリ変更します。
    cd <directory path name>
    たとえば、ソフトウェアを/usr/javaディレクトリにインストールするには、次のように入力します。
    cd /usr/java
  2. .tar.gzアーカイブ・バイナリを現在のディレクトリに移動します。
  3. tarボールを解凍し、Javaをインストールします。
    SPARCプロセッサ:
    gzip -dc jre-7u7-solaris-sparc.tar.gz | tar xf -
    gzip -dc jre-7u7-solaris-sparcv9.tar.gz | tar xf -

    x64/EM64Tプロセッサ:
    gzip -dc jre-7u7-solaris-i586.tar.gz | tar xf -
    gzip -dc jre-7u7-solaris-x64.tar.gz | tar xf -

    Javaは、現在のディレクトリのjre1.7.0_<version>というディレクトリにインストールされます。たとえば、JRE 7 Update 1リリースの場合、ディレクトリ名は次のようになります。jre1.7.0_01

    64ビット・サポート用の補助ファイルは、マシン・アーキテクチャ・モデルにちなんで名付けられたディレクトリにインストールされ、これらのディレクトリは、インストールされたのと同じjre1.7.0<version>ディレクトリ内の複数の場所に追加されます。

    たとえば、SPARCプロセッサでは、64ビットJava VMライブラリ・ファイル(libjvm.so)はjre1.7.0<version>/lib/sparcv9/serverディレクトリに格納される一方で、x64/EM64T用のバージョンはjre1.7.0<version>/lib/x64/serverディレクトリに格納されます。

有効化と構成
インストールが完了したら、ブラウザでアプレットが実行されるよう、Javaを有効化して構成します。
Javaをブラウザで有効にする手順
  1. Mozillaインストール・ディレクトリ内のpluginsサブディレクトリに移動します。次のように入力します。
    cd <Firefox installation directory>/plugins
  2. 現在のディレクトリで次のように入力し、Java libnpjp2.soファイルへのシンボリック・リンクを作成します。
    SPARC 32ビット版の場合
    ln -s <Java installation directory>/lib/sparc/libnpjp2.so .
    x86の場合
    ln -s <Java installation directory>/lib/sparc/i386/libnpjp2.so .

    注意: 最後のピリオドを必ず含めてください。

    :
    Mozillaが次のディレクトリにインストールされていて、
    /usr/lib/mozilla-1.4/

    Javaが次のディレクトリにインストールされている場合、
    /usr/java/jre7u3
    ターミナルで次のように入力し、ブラウザのplug-inディレクトリに移動します。
    cd /usr/lib/mozilla-1.4/plugins
    次のコマンドを入力し、MozillaブラウザのJava Plug-inへのシンボリック・リンクを作成します。
    ln -s /usr/java/jre1.7.0_u<version>/lib/libnpjp2.so .
  3. Mozillaブラウザを起動するか、すでに実行している場合は再起動します。その他のMozillaコンポーネント(MessengerやComposerなど)が実行されている場合、それらも再起動する必要があります。
  4. 編集 > プリファレンスに移動します。
  5. 詳細カテゴリ > Javaの有効化を選択します。
    Javaがブラウザで有効になりました。

インストールのテスト
Java がコンピュータにインストールされ、適切に機能することをテストするには、テストアプレットを実行します。


言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle