Java.com

ダウンロード ヘルプ

ヘルプ・リソース

WebブラウザでJavaを有効にするにはどうすればよいですか。


このトピックは、次に当てはまります。:
  • プラットフォーム: Windows 7, Vista, Windows XP, Windows 2000, Windows 2003, Macintosh OS X

症状

Javaをインストールした後もアプレットが動作しません。


原因

WebブラウザでJavaが有効になっていません。すでにJavaがインストールされていてアプレットが機能しない場合は、使用しているWebブラウザでJavaを有効にする必要があります。


解決策

Javaを最近インストールした場合は、ブラウザがインストールを認識するように、ブラウザの再起動(すべてのブラウザ・ウィンドウを閉じて再度開く)が必要になることがあります。また、ブラウザのJavaコンテンツがJavaコントロール・パネルで有効になっていることも確認します。

次の手順に従って、使用するWebブラウザでJavaを有効にします。

Windows用ブラウザ

Internet Explorer
  1. 「ツール」「インターネット オプション」の順にクリックします。
  2. 「セキュリティ」タブを選択し、「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリックします。
  3. 「Javaアプレットのスクリプト」までスクロールします。
  4. 「有効にする」ラジオ・ボタンが選択されていることを確認します。
  5. 「OK」をクリックして設定を保存します。
Chrome
  1. 検索フィールドに「about:plugins」と入力します。
  2. 「プラグイン」リストで「Java」を探して、Javaが有効かどうかを確認します(「無効にする」リンクが表示されている場合、Javaはすでに有効です)
  3. 「有効にする」リンク(使用可能な場合)をクリックします
  4. (オプション)「常に有効にする」ボックスを選択すると、Javaコンテンツの実行時に追加のChrome警告が表示されなくなります

WindowsおよびMac OS X用ブラウザ

Firefox
  1. Firefoxブラウザを開くか、すでに実行している場合は再起動します
  2. 「Firefox」メニューから「ツール」を選択し、「アドオン」オプションをクリックします
  3. アドオン・マネージャ・ウィンドウで、「プラグイン」を選択します
  4. 「Java (TM) Platform」プラグイン(Windows)または「Javaアプレットプラグイン」(Mac OS X)をクリックして選択します。
  5. 選択したオプションが、「実行時に確認する」または「常に有効化する」であるかを確認するか、古いバージョンのFirefoxの場合、「有効化」ボタンをクリックします(ボタンが「無効化」となっている場合Javaはすでに有効化されています)
Safari
  1. 「Safari」をクリックし、設定を選択します
  2. 「セキュリティ」オプションを選択します
  3. 「プラグインを有効にする」を選択してから、「Webサイト設定を管理」をクリックします
  4. Javaアイテムをクリックし、「ほかのWebサイトにアクセスしたとき」プルダウン・リストからオプション(「確認」、「許可」または「常に許可」)を選択します
  5. 「完了」をクリックして、Safariの環境設定ウィンドウを閉じます
Opera 4.x以上
  1. Windows版のOperaはJavaを使用しませんが、Opera WebブラウザにはすでにJavaが組み込まれています。
  2. 他のプラットフォーム版のOperaは、Javaをサポートしている可能性があります。Operaプラットフォームのドキュメントを参照してください。
  3. 詳細は、次のOperaサポート記事を参照してください。
    OperaでのJavaソフトウェアのサポート

次のものにも関心を持たれるかもしれません:

言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle